忍者ブログ
  • 2018.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/04/25 15:52 】 |
ブラック 2
ブラック・ヴォイス
                        
 
 心臓を貫くような風切り音――いつまでも鳴り止まない。
 

 目を眩ますような突風の中、手甲(てっこう)少年は谷底を歩き続ける。
 
何年歩いただろうか? 一年、二年、百年、千年、一万年……?
  何歩歩いただろうか? 一歩、二歩、十歩、一万歩、一億歩…………?
 
果てしない旅路の中で手甲少年はその心をすり減らしていた。唯一の心の寄りどころである黒い手帳は、少年の右手にしっかりと握られている。何故それが大切なのかも解らないが、少年は自分の命と等しいくらいにそれを大切に握り締めている。
 
――よほどこの少年が嫌いなのか。天を見下ろすほどに高い左右の赤い岩肌は、谷間の強風を弱めることが無い。吹き抜ける風は暗い谷底に意思を吹き込まれたかのように、すれ違いざま少年の耳元に言葉を置いてゆく。
 
「お前は邪魔だ。お前は邪魔だ」
 
 少年に囁かれる言葉は強い憎悪の念を抱いていて、耳を塞いでも聞こえる。この声は少年の全身に響き、意識に直接語りかける。逃れる術は無い。
 
「お前に意味は無い。お前に意味は無い」
 
 手甲少年にとってその言葉はあまりにも残酷だ。なぜならその言葉の示すところは、少年が探す答えの可能性の内、最も真実であってほしくはないものだから。
 少年は耳を塞いで地に膝を着く。小さなその身に風は容赦なく吹き付ける。
 
「お前は嘘だ。お前は嘘だ」
 
 風が勢いを増す。身を裂くような冷気を帯びて少年に襲い掛かる。
 
「お前は要らない。お前はいらない。お前はイラナイ。オマエはイラナイ…」
 
 吹き荒れる谷底はそれ自体が災害と化してちっぽけな少年に狂い、襲い掛かる。
 
「お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は間違いだ。お前は…………………………………………………………………………」
 
叩くように吹く風――少年を嬲る。
 
 掻き消えそうな意識――心の深部で渦を巻く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誰がそう決めたのか?
何がそうさせたのか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 赤い怒りの理由――少年が存在する証。
 
 湧き上がる闘争心――少年が、生きている証………………。
 
細く長い双剣が、背負う鞘から引き抜かれた。
手甲少年が青色の両眼を見開くと、周囲の空間が薄いブルーに染まる。少年は自分を守る為、襲いかかる谷底の暴風に容赦なく挑みかかった。
 
降り抜かれる双剣、少年の体は躍動する。心臓の鼓動は著しく高鳴り、腕の血管が浮きでる。剣の一振り一振りが谷底の風を切り裂き、赤い岩肌が削られ、巻き上がる粉塵が少年の昂りを煽る。
 交差する絶対的な自尊心は悠々と横たわる敵対心を引き裂き、小豆程の存在はそれでも命の限りを燃やして己を請いた。
 
 
……全ての後。赤い砂塵をまとった少年は唯、呆然と立ち尽くす。
右手の黒い手帳からまた一つ、愚か者の名が消え失せた――――。
                                   E
PR
【2010/05/25 01:11 】 | その他のストーリー | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ブラック 1 | ホーム | カードバトラー!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>