忍者ブログ
  • 2018.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/04/25 15:52 】 |
精神・魂ってさ


精神・魂ってさ
 
 
1:物質度(物質硬度/存在硬度)
 物には硬さがある。全ての物質には高かれ低かれ「硬さ」がある。その「硬さ」は物質の密度と原子配列によって生じる。
 
 さて、その「物」とは何だろうか。
 鉛筆が一本ある。その鉛筆は木材をカットし、加工したモノに黒鉛の棒を挟み込んだものである。さらに突き詰めれば木材と黒鉛の構成元素にまで遡り、さらに微細に考えれば素粒子や電子といった話になる。
 ここで大事な事は「物質がどのように構成されているか」ということではない。物質が“構成されている”ことが重要な事。
 「素原理(:世界観2参照)は殴れる」という言葉もあるとおり、素原理は触れる。これは「感情は触れる」といっているのに等しい。なぜなら「感情」は現象だからである。しかし実際に「相手が怒っていたので、その怒りの感情を殴ってやった」などとは聞かない。その理由は「硬さが違いすぎるから」。
 物質も「現象」である。この世の全ては「存在する」という現象を前提として成り立っている。それは物質・非物質を問わない。「同じ現象なら、同じライン上にあるも同じ。なら、殴れるだろ」というのが理屈だ。
 
 物質か非物質かを分かつのは「素原理を除く構成元素があるか」である。例えば原子などがそれだが、それらがあれば物質である。だから、光も物質なのである(原子も電子も物質)。
 だがここでは物質も非物質も関係ない。全て現象なのだから、全て素原理で考えられるということだ。
 
 さて、ここまで見てきて基盤はできた。いよいよ「何故殴れないか」である。
 先程「硬さが違いすぎるから」といった。原理集合体(:世界観2参照)として表した時、物質は一列にならない。
PR
【2010/05/25 01:01 】 | COINS:GUDA 様々な予測 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<未来の種類 | ホーム | トロワの抹消 (COINS)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>