忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/16 16:53 】 |
魔術師 (術士の類)
 
魔術師の類

 この世界には多様な不思議な力が存在する。大きく分けて、次のよう。
@魔術・呪術
 通常起こりえる現象の過程を別の過程に置き換える(法則の置き換え)。
例:マッチをすって炎を出す→「マッチをする」を「決まった呪印を書く」にする→決まった呪印を書いて炎を出す。
@魔法・呪術
 通常起こりえない現象の過程を捏造する(法則の新規作成)。
例:何もないところから炎を出す→「くしゃみをすると炎が出る」という過程を作る→くしゃみをすると何もないところから炎が出る。
@相術
 グダに直結して、不可能を可能にする(現実化)。
例:「手が光ってほしいなぁ」と思う→手が光る。
@錬金術
 物質の構成を分解して別のモノに再構築する(破壊と創造)。
例:鉄の分子構造を破壊する→再構築し、金の分子を作る。
@事実変換
 現象の理屈を分解して別の現象に再構築する(事実変換)。
例:木が燃える→燃える理屈(高温化)を変更して、温度が急激に下がることにする→木が凍りつく。
* 上の分類は大雑把で、錬金術を魔法と呼ぶこともある。というより最初の物の他は全て「魔法」と呼んでもかまわない。ただし、玄人はきちんと分類している。
 
 “魔術師の類”と項目に銘打ったのは分類しきれないからである。
 魔術協会から魔道連盟、平和教会から田舎のシャーマンまで。それぞれがそれぞれに存在している。扱う術も独自の物や組み合わせ、セオリーどおりと多様。
 ただ、彼らが特殊な存在であることは共通している。
 
PR
【2010/05/25 00:45 】 | COINS 組織/派閥/種族 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<妖魔 (魔物:主に東洋) | ホーム | No研究所 (COINS 第0部~第三部)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>